はじめに

はじめまして。ご訪問ありがとうございます。

このブログにお越しいただいたということは、
「うつ病」と少なからず関わりがあるからだと思います。

・ご自身が「うつ病」を患っておられる
・ご家族や大切なかたが「うつ病」を患っておられる
・もしかすると「うつ病」かもしくは精神疾患かもしれない
・「うつ病」について知りたい、調べたい、考えたい

どのような方でいらしても、まず、ご訪問くださり、本当に感謝いたします。


わたしについて

私は、2013年11月に「抑うつ病」と診断を受けました。
現在は、医師、臨床心理士、周りのサポートにより、回復期に入り、アルバイトではございますが社会復帰をし、比較的安定した生活を送っております。

ブログには、急性期まっただ中の頃のキロクもございます。
(現在、以前のブログから記事を移行している時期で、気になる方は、以前のブログをごらんください。)URL:以前のブログ

image_05_01.png
参考URL*こころの健康情報局 すまいるナビゲーター


このブログがしていること

このブログは、うつ病を発症した急性期から、アップダウンが激しい回復期、週1日からの社会復帰をしていく日々のことをキロクしています。
25さいのわたしのイマからはじまり、26さい、27さいと続いています。

現在(2015/4)のわたしは、回復期から再発移行期に変化している時期だととらえています(自分でですが)。

この時期を生きるわたしがどのように感じ、考えながら生きているのか、なるべく正直につづっていくつもりでございます。

このブログの記事は、「いちうつ病患者の心の声」にすぎません。
ですから、誰かの支えになりたいとか、役に立ちたいとはおこがましくも思えません。


このブログの目的は、うつ病を治すことではありません。

わたし自身が「わたしらしく」あれることが目的です。

「うつ病」となるべく上手く付き合っていくこと。

すこしずつ自分の性格や人格、生きてきた背景を見つめ、向き合い、いのちが与えられているかぎり生きること。


以上が、書きつづけている目的です。

ですから、病院や仕事でのことはもちろんのこと、生活リズムを整えることや、写真や本や映画のことなど日々気になっていることも同時につづっています。


おわりに


最近「ありがとうございます」と声をかけていただくことがありまして、大変恐縮しております。
反面、正直、とてもとても励まされ、こころが嬉しくなっています。

わたしが、自然とわたしのためにしていることなのに、誰かの心がすこしほぐれている。
こんなに、嬉しいことはありません。
こちらこそ、本当に、ありがとうございます。

ですが、逆のことも考えられて、わたしの主観的な文章を通して、傷つき、痛んでしまった方もいらっしゃるかもしれません。わたしは専門家でもなければ、医師でもありません。うつ病いち患者として思い煩うことや、願うことを主観的に書いている記事にすぎません。

うつ病という病は十人十色、起こった原因も、生きてきた背景も、今置かれている環境も100人いたら100通りです。
このブログに書かれていることが「正解」ではありません。

そのようなことをご理解いただいた上で、これからも、お付き合いくださるかた、どうぞよろしくお願いいたします。


みなさんのご訪問と声がわたしがこのブログを続けていく力にもなっていますので、応援していただけると嬉しいです。


長い文章、お読み下さり、ありがとうございました。




お読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援してくださる方、クリックおねがいします♬

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

コメント

このブログの人気の投稿

うつ経験者の繁忙期の乗り越え方

定年退職した父親と27歳無職のわたしの生活ー距離感が与えてくれるものー

結婚式に行ってきた。燃え尽き症候群になった。