投稿

9月, 2014の投稿を表示しています

うつ病10ヶ月の私が書いた「1年前のわたしへ」。

イメージ
だいすきなあなたへ 怒濤の夏が終わって、いかがお過ごしでしょうか。

あなたがこの夏とっても頑張りましたね。
そして。頑張っても先が見えなくてとても焦っていますね。

さて、今日はまた、あなたに伝えたいことがあって手紙を書きました。

今日、伝えたいこと。

それは、これから始まる1ヶ月にどうか覚悟をしてほしい、ということです。

きっと一生涯忘れることのない日が訪れることでしょう。

あなたは、いま、いっぱいいっぱいで、それでも「もっと」と頑張りに頑張りを重ねているので、気づけていませんが、実は、もうすでに、その兆しはやってきています。

目の前のやらなければいけない(とあなたが感じている)ものに、あなたはいつも怯えているし、目の前に関わらなければいけない(とあなたが感じている)ものに、あなたは必死で食らいつこうとしていて余裕がありませんね。


あなたの人生にとって
「一番たいせつなこと」がいちばん後回しになっています。 「いちばんたいせつなこと?」

そう思うあなたはあなたのままで良いんだって実は思っています。

「あなたの持てるすべてを懸けて生きる」という経験は、とても貴重だからです。

ただ、覚えてほしいのは、
いまのあなたは、本当は「持っていない」のです。

「持っていない」にも関わらず、持っていると思い込み、
それを使ってもっと成功したいと必死です。

本当は、持っていないのにです。


実は、あなたこそが受ける必要があるのです。 きっと、あなたは気づいています。
アウトプットをし続けなければいけないことに、限界を覚えているはずです。
自分の中に一滴も残っていないのに、どうして、多くの水を分け与えることができるでしょうか。

あなたこそが、いま「受ける」ことが大切なのです。

目まぐるしくすぎる日々の中で、いったいどこで受けたら良いのか、いったい何から始めたら良いのか。

「そんなことを」考える暇もありませんね。

水がなければ、枯れます。 どうか動けなくなった時、自分を「だめだ」と傷つけないでほしい。

どうか動けなくなった時、遠慮なくプレゼントを受け取ってほしい。

怖がらなくても大丈夫。焦らなくても大丈夫。

ちゃんと水をやれば、ちゃんと栄養を受けたら、もう一度たちあがれるから。

我武者羅に働いた自分のことも、ただ泣くことしかできない自分のことも、「その自分がいて良かった」と思っています。