投稿

11月, 2015の投稿を表示しています

どうしてもこの部分だけが前に進まない

イメージ
みなさま、大変ご無沙汰しております。

こんなにも更新できなかったのは、
ブログを書き出して以来、はじめてだと思います。

ここ最近、いろいろありました。

ブログを読んでくださったいる皆様には、ぜひ、ご報告させてください。

わたしにとって一番の難題は、前の職場でした。 前の職場関係の方々とは、どの人間関係よりも親しかったため、切りたくても切れない関係でした。それを切ってしまったら、わたしはわたしでなくなるような、そんな人間関係。

その場所は、多くの人たちが集まる場所で、
病気になってからはそこに行くと病気の症状がひどく出てしまう。
だから、自然とそこでの人間関係も希薄なり、病気もひどい状況が続きました。

医師からのアドバイスで、一旦、前の職場から離れ、別の環境で人間関係を育んだり、ひとりで過ごしたりする中で、すこしずつ元気になりました。

新しい職場も与えられ、良い意味で距離感ができた頃、
もう一度、その前職場の人間関係を再構築していくことにチャレンジしました。

何度も何度も失敗を重ねながら、
ここ最近、やっと、この部分が前に進んでいる感覚があります。

この部分だけが前に進まない みなさんはいかがでしょうか?
うつ病になって、どうしても「この部分」だけ前に進まない・・・。

治療に励んでいるのに、
どうしてもこの人だけはダメだ。
どうしてもこの場所はダメだ。
どうしてもこの分野はダメだ。

人それぞれ、きっと回復が順調に進む部分と、そうでない部分があると思います。

わたしの場合、「食」なんかはスルっと回復しました。
味がしなかったご飯が美味しく感じられるようになる。

すこしずつ、すこしずつです

太陽の光も怖かった。
家族の声も聞こえるのが辛かった。
部屋のドアをあけて、外に出ること、誰かの視線を浴びること、人と会うのがともかく難しかった。
いつまでたっても生きることに積極的になれなくて、そんな自分が情けなかった。
活動量もすくないから、うまく睡眠が取れなかった。

そんな状態から、治療と休息に専念することで、すこしずつ前に進んだ。

太陽の光が気持ちよく感じられる日が増えた。
家族となら、テレビを見て笑って話せるようになった。
知っている人には会えなかったけど、自分のことを誰も知らない場所には出て行くことができるようになった。
明日もきっと空が青いなら、明日だけでも生きてみよう…