<お金のこと>心療内科受診。自立支援医療制度。3割が1割に。

25歳独身。
実家暮らしと言えども、
医療費は自分で払っているので「お金のこと」が心配です。

温かい布団で寝て、着れる服があって、
ご飯もおいしくて、それだけでも感謝なのですが、

父親が自立支援医療制度について教えてくれました。

IMG_1893.jpg

病院には、掲示板に大きなポスターが貼ってありました。
ですが、フラフラの状態で病院に行っても読めませんよね。

わたしは、両親に助けてもらいながら、手続きをしました。

自立支援医療制度は、
精神的な病気の方の医療費を3割負担から1割負担にしてくれる制度です。

医者からは教えてくれませんが、
自分から聞くと親切に手続きをしてくれました。


上のパンフレットと、診断書と申請書を下さいました。
わたしの病院は診断書が無料でした。ありがたいですね。

それに必要事項を書き込んで、下の持ち物を持って、申請に。

IMG_1895.jpg

申請の方法は各市町村で違うので、チェックしてくださいね。


状態が良くない時に申請に行きましたが、
とても親切な方が対応してくださり、よかったです。

分からないことは、優しい人に聞く。

分からないことも分かって、心もあったまって、一石二鳥でした。


普段ならひとりでできることが、今はひとりでできません。

不思議です。この病気になって、不思議なことばかりです。

だから、落ち込むこともありますが、

だから、人の優しさをもっと感じられるようになった気がしています。


この制度も、本当に本当にありがたいことです。

今から7年半前にできた制度です。
今では「うつ病」なんてよく聞く病名になりました。
偏見もあるけれど、分かってくださる方がいて、助かっています。

本当に、ありがとうございます。


いつか、私もよくなって、働けるようになりたいです。





つたない文章をお読みくださりありがとうございます。↓
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

このブログの人気の投稿

うつ経験者の繁忙期の乗り越え方

定年退職した父親と27歳無職のわたしの生活ー距離感が与えてくれるものー

上司の機嫌が悪いときの対処法〜自分をたいせつにする方法〜