医者も臨床心理士も利用したれ。〜2回目のカウンセリング〜


ただいま2回目の心療内科から帰ってまりました。

あぁ、もう、なんか空気が抜けた感じです・・・。

1時間の臨床心理士によるカウンセリングからの
15分ぐらいの院長と診察という1時間15分プログラム。


カウンセリングではショックを受けてしまいました。
「この先生、ほんとうに私のこと治したいって思ってるの!」と感じたのです。

全然、質問してくれないし、適当に受け答えしてるように感じてしまったのです。

多分、一回目が良かったからか、期待しすぎたんだと思います。

その分、前回印象が悪かった先生(院長)との診察は良かったです。

人間って不思議ですね。


さて、今日、知ったこと、思ったこと4つあります。

1、申し訳ないって思っている




この2週間思うのは、
1ヶ月も休ませてもらったのに、全然よくならない…。
こんなに家族がサポートしてくれてるのに、死にたいって思ってしまう…。

あぁ、本当に、ごめんなさい…。

「この二週間どうだった?」と聞かれて、話し出すと涙が止まらなくなった。
優しすぎる家族の前でなるべく泣かないようにしていて、これ以上、悲しませたくないし、気を遣わせたくない、だからなるべく平気なふりをする。
だから、赤の他人である臨床心理士の前ではたくさん泣いてしまった。


医師によると私はメランコリー型。らしい。
人に優しくして、喜ばれて、元気をもらう。
そうやって“人を介して満たされるタイプ”みたいです。
いわゆる、めんどくせータイプです。医師には「その性格は悪い性格じゃないよ」と言われましたが・・・。

それが、今はうつ病だから、“人を介して傷ついてしまう”ようになっているそう。

だから、どんな些細なことにたいしても傷つき、申し訳ないと感じてしまう・・・。

先生には「よくなってきたら変わってくるから。」って言われたけど・・・。



2、焦りすぎちゃってる

申し訳ないー…って思うから、早くよくならなきゃって思う。

正直、身体的の症状はよくなってきました。
でも、こころが全然追いつかないって感じなのです。

身体が元気になってきただけに、
ただ休んでいると「うぅ、休んでてごめんなさい」と思うわけで、
何かしなくては!!!って思うのです。
カウンセラーには、「焦ってるねぇ〜。」って言われました。

自分では「あせらないでいいよ。気楽に、気長に。」とくどいくらい言い聞かせてるんだけどね〜、深層心理では「焦っていた」わけです。

簡単には、いかないのです。

思い込むだけでは、うつは治ってくれないようです。



3、まだ、頑張らなくて良い時期
数日前、お葬式があって久しぶりに職場の先輩に会いました。
自分のせいで空いた穴を埋めてくれている先輩。
本当は「ありがとう」と言うべきだったのに、目の前で泣くしかできませんでした。

それに対して後々「ごめんなさい…」と罪悪感がおそってくる。

このエピソードを話すと、
どちらの先生も「まだ(行くのが)早かったねぇ〜」って言いました。

カウンセラーからは「やりたいって思えることはどんどんやってみたら?」っていうこと。
医師からは「まだ頑張らなくていい。ゆっくり休みなさい。」っていうこと。

うーん。むずかしい。



4、こうして振り返ることに意味があるはず
からだが火照ったり、泣きすぎたり、考えすぎたり、
終わった後は、ひゅるる〜〜〜って空気が抜けた感じがしました。

あぁー…、つかれたーーーーー!!!

結局、答えなんてないんだろうなって思います。
先生たちに期待しすぎないように。

この2週間に1度の機会を通して、
答えの糸口を自分で見つけられたらと思っています。
そのためには、ちゃんと振り返る時間を取ろうと思いました。

ちなみに、3割負担で1200円でした。






お読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

このブログの人気の投稿

うつ経験者の繁忙期の乗り越え方

定年退職した父親と27歳無職のわたしの生活ー距離感が与えてくれるものー

上司の機嫌が悪いときの対処法〜自分をたいせつにする方法〜