投稿

4月, 2014の投稿を表示しています

うつ病5ヶ月の私が書いた「1年前のわたしへ」。

イメージ
1年前のわたしへ 少し送れてしまいましたが、就職おめでとうございます。
今、あなたがどんな気持ちでその場にいるのか、1年後のわたしはよく知っています。

働き始めて今日で1週間ですね。 今、まさに、願っていた場所で、やりたかった仕事を目の前にして、胸が高鳴っています。 同時に、「わたしなんかで良いのだろうか」と不安で胸がいっぱいです。
この数日間、新しいことを吸収し、一日でも早く現場に馴染み、役に立つ人になろうと意気込んでいます。 でも、お風呂のお湯に浸かって目をつぶると、そのまま寝ていってしまうほど身体も心も疲れています。

あなたがひたむきに頑張る理由は、人のためです。 肩を並べて働く仲間に、先輩に少しでも笑顔になっていただきたい。 目の前におられる方々をたいせつに想いたい。
業務をこなすことも大切ですが、それ以上に、人を大切にしたい。
そんな高い目標を持ち、今日も仕事に励んでいます。
「あなたがいてくれて、ここが明るくなったわ」と言われて、満足げになります。

でも、いつも、あなたは何か足りなく感じています。 いざ能力を発揮する時には、不安と緊張の波に溺れてしまいそうになります。 「よかったよ」と認めないのは上司ではなく、わたし自身です。
「足りない」という不安感から、仕事を定時で終わらせた時も、「あと2時間、あと3時間」とこれからのために働きます。 定時で帰ることが、なんだが不真面目な気がしてならないからです。 でも、ほんとうは、あなたには「心も身体もしっかりと休める時間」が必要なのです。
何か知者のような、物知りであることでなんとか満足しようとしています。 ほんとうは、分からないことがあっても良いはずなんです。
とりあえずいつも親切で笑っていられることで満足しようとしています。 ほんとうは、怒ったり、泣いてしまう時があっても良いはずなんです。
自分が好きなことに時間をかけてしまうことは自己中心だと思い込み、先輩のようにと先輩の真似ばかりをして、安心しようとしています。 ほんとうは、あなたの好きなことを大切にして良いのです。
あなたは、あなたなのだから、それで、良いと思うのです。

今日は、1年前のわたしに伝えたいことがあります。 それは、「誰かを大切にしたい」と本当に願うなら、まず、自分を愛してほしいということです。
「自分を愛する」とは、どういうことでしょう…