上司も同伴で「まだ無理なんだ」に気づく〜4回目の心療内科〜

はじめに

http://nakaizumi.exblog.jp/
薬物療法が体に合わず、病院を変え、
新しい病院での診察は4回目になりました。
現在、2週間に1回のペースで診察していただいています。

うつ病と診断されてからは約2ヶ月が経とうとしています。
前の病院の含めると、6回目の診察。今病院が4回目となります。

少しでも調子がよくなると、
職場へ行って仕事をしようと思ったり(思うだけ)
人に会おうと努力したり(実際会えた人もいる)
うつ病の本を読んで勉強したり(読めない時もある)
ぐーたらしないように趣味を見つけたりしました。

病人なりにとても頑張ったわけです。

12月中旬頃からすこし浮き始めてきた?

と思ったのですが、仕事のことを考えたり、上司に会って復職について考えたりすると、とても落ち込んでしまい「ふりだし」に戻ったように感じました・・・。

「頑張らないこと」がうつ病を治す?うつ病と付き合う?
それが秘訣なのに、私はすごく頑張ってしまっていたのでした。

今の状態は、一応頑張りすぎたのを教訓として、
なるべく頑張らないように心がけています。

気分は、とてもローです。

そんな状態で、診察へ行ってきました。

今回は、はじめて上司同伴の診察です。


診察の流れ

まずは、カウンセリングが50分。

診察室にわたしだけが入り、15分ほど。


「調子はどうですか?」
「上記のことをもう少し詳しく説明」

「仕事のことを考えると憂鬱ですか」

「むしろ働きたいというモチベーションはあります!
ですが、職場関係の人とバッタリ会って、号泣してしまって、自分の身体は拒否反応を起こしていると思ってます。」


「うん、まだムリだね。焦らずだね。」

診察室から私は一旦出て、上司だけが入る。

診察室に呼ばれ、私と上司と先生と3人になる。


まだ無理だったということ

医者に「憂鬱ですか」と聞かれて、首を横にふれませんでした。

頭ではできても、分かっても、身体は震えたり、汗をかいたり、涙を流したり、と勝手に反応を起こす自分が情けない。

とてもとても悔しい。

でも、上司にそう話すと、

上司には、「これが病気ですよ。」と言われました。

悔しかった。すごく悔しかったけど、認めるしかないって思いました。

そんなにも自分に向き合ってくれる上司が与えられていることが
何よりも感謝なことなんだって思いました。




お読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援してくださる方、クリックおねがいします♬

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村


コメント

このブログの人気の投稿

うつ経験者の繁忙期の乗り越え方

上司の機嫌が悪いときの対処法〜自分をたいせつにする方法〜

仕事を辞める決断をしたときのハナシ<過去記事更新>