プロジェクトから外してもらった。

昨日はじめて気づいたことがある。

真っ暗闇の11月、12月を過ごしてきて、
昨日はじめて気づいたことがある。

今年の夏に開催がきまった「全国規模のプロジェクト」の企画運営メンバーだったわたし。

チームメンバーは、関東と関西あわせて17名。

最高に楽しみだったし、毎日そのことを考えた。

チームで何かを作り上げていくことはとても好きなことだった。

そうだったけれど・・・

ミーティングを何度か終えた11月にまさかのうつ病発症。

昨日までプロジェトメンバーから「外してもらう」ということを考えなかった。

多分、そんなこと考える余裕がなかったんだと思う。

でも、今日、そのチームに在籍してることに、ものすごい負い目を感じた。


なんで気づいたかって・・・

今日いつもの場所で、ミーティングが繰り広げられている。
とSNSで知ったからだ。

今日もいつもの場所でみんなが話し合っている。
そう思うと、
うらやましい思いと、
情けない思いと、
申し訳ない思いが混ざりあって、気持ち悪くなる。

今日、思い立って、リーダーに、メールした。

これから、◯◯◯のミーティングですが、私は参加できません。
この調子だと私は何の役にも立てそうにありません。
ですから、チームから外していただきたいと思っています。
無責任で申し訳ありません。


これを打っている時、涙が止まらなかった。

喉の方が痛くなるほど、泣いた。


あぁ、わたし、くやしいんだ。


あぁ、わたし、かなしいんだ。


なんで、なりたくもないうつ病になって
呑気に過ごさなきゃいけないんだよ。


本当は、バリバリ働きたいのに、
どうして、わたしは人に会うと震えて泣き出してしまうんだろう。


もう、二度と職場には戻れないんだ・・・、そう思った。


今日は、もう、頭も痛いし、寝よう。




そんな一日もきっとあっていい。






お読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援してくださる方、クリックおねがいします♬
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

このブログの人気の投稿

うつ経験者の繁忙期の乗り越え方

上司の機嫌が悪いときの対処法〜自分をたいせつにする方法〜

仕事を辞める決断をしたときのハナシ<過去記事更新>