「こころが晴れるノート」をやってみました。


やすんでいても、やすまらない。やすまってくれない。

何もしないで過ごしていることに、強烈な罪悪感を感じてしまう。
何かをしたい。
うつがよくなるように何かしたい。

Amazonの「ストレス・心の病気」カテゴリのNo.1にランクインしている人気書籍。
こころが晴れるノート―うつと不安の認知療法自習帳

そんな気持ちにかられて、中古で500円以下で購入。

IMG_1939.jpg

帯にも書かれているけれど、
この本は「うつと不安の認知療法自習帳」というもの。

こういうこと、「勝手にはじめてはいけないのかな?」と不安に思ってしまい、まずは担当のカウンセラーに相談しました。

カウンセラーは、「頭では分かるけど、実際に行動したらできない。っていうことがあると思うから、私からはすすめない。でも、やりたいならやっても良いと思う。」と伝えられました。

よく聞くような言葉だと思うけれど、
 やってみても変わらないかもしれない。

でも、やらないきゃ変わらないまま。

たくさんの人に読まれている本だし、やってみよう。

ということで、少しずつやっています。

”わかりやすい”印象があります。
うつ病になると、まず本を読むことが苦しくなる。
気分が悪くなったりしませんか。
わたしもたまになりますし、ずっと読み続けると疲れてきます。

ですが、この本、難しい言葉も使われていないし、
絵や図で分かりやすく説明しているので、頭で整理しやすいです。

IMG_1941.jpg

どこに連れて行かれるのか分からないと不安ですが、
こういうふうに色んな所で「みちすじ」を見せてくれるので安心です。

IMG_1940.jpg

今日はここやりましたよ!

IMG_1942.jpg

何より良かったのが、「うつ病の説明」でした。

色々な本やネット、医者や周りの人も色んな説明をするけれど、
この説明が一番”よりそってくれている”と感じた文章でした。


こころが晴れるノート―うつと不安の認知療法自習帳
大野 裕
創元社
売り上げランキング: 886



何もできない時もある。

それが、ほんとうにつらい。

何かできた時、
あぁ、何かがあるってこんなにもありがたいことなのだと知った。



お読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

このブログの人気の投稿

うつ経験者の繁忙期の乗り越え方

定年退職した父親と27歳無職のわたしの生活ー距離感が与えてくれるものー

結婚式に行ってきた。燃え尽き症候群になった。