復職のための「リハビリ勤務」についてのアイデアを聞いた。


昨日の夜は、久しぶりに落ち込んでしまった。
だから、今週の頭から始めた簡単な習慣も今日はできず、久しぶりに12時に起きた。

そういう日も、きっと、あっていい。

無理をしなかったから、今。少し安定している。

(2014年2月7日 記事より)

2014年2月8日の昼の記事

おはようございます。
昨日久しぶりに落ちてしまった体調も今日には戻りました。

朝も9時45分に無理なく起きて、
「朝ごはん」×「ラジオ体操」の習慣も無事行えました!

それに加えて、先日、上司に依頼された「生活記録表」のキロクも無理なくできました。

大事なのは「無理なくできた」ということだと思っています。

さて、2日前、上司と約1ヶ月ぶりに会いました。
約1時間半程度の時間をとっていただき、したことは2つのことでした。

ひとつは、昨日書いた、復職準備チェックシート+生活記録表の記入。

もうひとつは、復職するための前段階ステップの提案。

復職のための「リハビリ勤務」についての話でした。

1、復職のための「リハビリ勤務」の内容

① 前の週に上司に、来週行けると思う曜日と時間帯を伝えます。

② その伝えた目標を、その次の週にどれだけ達成できるかを試す。


というシンプルなものでした。

・上司に伝えた通りにできなくても良い。

・通常勤務ではないので、職場の近くに行くだけ、職場の中で本を読んでいるだけでもOK

というふうに、とても配慮あるアイデアを考えてきていただきました。

本当にありがたいと思っています。


2、私の現在状況は、復職準備期①

「午後から短時間なら外出できるが、長時間や人混みは疲れる。」という状況。

復職準備チェックシートの結果を見ても、自分自身を見つめても、
職場に行きたいけれど、働けるようになりたいけれど、まだ、身体が受け入れてくれない状況。

この状況を否定することはできませんでした。

こういうのが、一番悔しいなぁと思いました。


3、とりあえず、今のまとめ

このように提案していただけることが本当に感謝。

以前のようにひどく「プレッシャー」を感じなくなった心理状態。

確実に回復してきている。

けれど、まだ回復しきれていない部分もある。

こういうことを、今日の心療内科でカウンセラーと先生に相談してみようと思う。

あせらず、少しずつ、ゆっくり決めていこう、と思う。






お読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援してくださる方、クリックおねがいします♬

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

コメント

このブログの人気の投稿

うつ経験者の繁忙期の乗り越え方

上司の機嫌が悪いときの対処法〜自分をたいせつにする方法〜

仕事を辞める決断をしたときのハナシ<過去記事更新>