昨日、わたしは、失恋した。〜8回目のカウンセリング〜

大学時代に出会った先輩。

月に数回しか会えなかったけれど、何かとメールが続いていて、次第にメールの内容が人生相談かよ!ってぐらい深まった。
そこまで異性に話すなんてほぼなかった頃。
多分、その時からふつうに好きだなーって思ってたんだと思う。

でも、その時も既に遠距離。
そして、実家に帰ってきて、さらに遠距離。
まぁ、そういう縁はなかったんだって思った。

けれど、働き始めて大変だった時、つい、その人にメールをした。
それをきっかけに、またメールだけどコミュニケーションをとっていく関係になった。

うつ病と診断された時は、悲しかった。

これ以上、この人と関わったら、この人に負担かけるだけだって思った。

だから「うつ病になったこと、また治ったら連絡するね」って伝えた。

「これでおわり」って思った。
そうちゃんと思いたかったから連絡した。

でも、返信がすごく温かくて、優しくて、つつまれてしまった。
やっぱり好きだなと思ってしまうことになった。

でも、それから少しずつ連絡が途切れていった。

こういうのには、色々わけがあると思う。

人生色々だから、彼を責める理由は私にはない。
というか、責めるとか責めないとかではないのだと思う。

だから、いろいろせずにキレイに終わろうって思った。

「連絡がなくなった」という事実を受け止めて。


うつの衝動

だけど、今月、ひどく落ちた時に、衝動的に行動してしまった。

「できないなら、できないってはっきり言われた方が傷つかない。」
取り乱してしまった。
こんなメールを唐突に送ってしまうだなんて・・・。

カウンセラーの先生にこのことを話すと、
「そうずっと思ってたこと、ガマンせずに、ちゃんと伝えられたんだね。」と言われた。

そうやって受け入れられてしまうと、
自分の病気に関係ないだろうけれど、ポツポツ、自分が失恋の話をしはじめていた。

私がずっと求めてきたのは「誠実な人」。
見た目とか、仕事とか、年収とか、家族とか、住んでいる所とか、癖とか、なんでもいい。ただ、嘘をつかない、素直な人。誠実な人。これだけで良かった。

彼をそうだと思ってたけれど、
彼の人生に何が起こったのかなんて分からないけれど、
一人の人間に対して、「する」と言ったことを1ヶ月半もほったらかしにする人は私の思う「誠実」ではないこと。

これから、もしも、彼と付き合えたとしても、同じことで悲しむ。
彼のちょっとした一言で期待してた。
バカだと思った。
もう、無駄に期待するのはやめよう。
もう、この人に期待するのはやめよう。

カウンセラーに、ともかく自分の中から溢れてくる感情をただ50分はきだすだけ。
自分がどう思われるとか関係なく、ただ、そのままを吐き出してく。

ちゃんと彼に対しての「不満」みたいなのが出てきた。


あと1日だけ

そうして、家に帰った21日、金曜日。

あと、1日だけ期待しよう。そうしたら、もうやめよう。

土曜日、1度も連絡がなかった。

そりゃそうだと思った。

日曜日、午後、ゆっくり時間をかけて「おわかれ」の文章を考えた。
あっさり終わろうと思ったけれど、そうできないのが不器用なわたし。

今まで思ってきた正直な気持ち。
もう、このまま期待し続けるには私の心が持たないということ。
ありがとうの気持ち。

文章を作り終えて、送った。

「もう、終わりにします。今までありがとうございました。」

その文章を送った時、ふっと何かから解放された気分になった。

悲しい気持ちと、開放感。

もう、期待しなくていい。前に進んでいいんだ。

思ったより私泣かないんだ。悲しくなかったのかなって思った。

でも、ベッドに背中から倒れて、窓から青い空を見上げた時、何かがこみあげてきて、声を出して泣いた。

あぁ、おわったんだ。

泣いて、眠って、その日は気分が悪かった。


今日の朝、メールの返事があった。

返事があっても、もう私からは返事しないと決めていた。

また、期待するから。

返事には「すこしゆっくり考えさせてください」と書かれていた。


もう、期待しない。

もう、私は、前に進んでいく。



昨日、わたしは、失恋した。


それで、よかった。





お読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援してくださる方、クリックおねがいします♬

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

コメント

このブログの人気の投稿

うつ経験者の繁忙期の乗り越え方

上司の機嫌が悪いときの対処法〜自分をたいせつにする方法〜

仕事を辞める決断をしたときのハナシ<過去記事更新>