職場の先輩友だちに会ってきたけど、手がしびれた。

職場の先輩に会ってきました。

回復期に入ったこともあり、職場関係の人に会ってきました。

先輩だけど、友だち。
友だちだけど、先輩。
というような、微妙なラインの関係でしたが、
毎日顔を合わせていて気持ちの良い方でした。

先日、連絡をいただき、会うことになりました。

「人間、目に映らなくなった人のこと忘れてゆく」と友だちに言われたことがどうも頭に残っていて、忘れられてゆく淋しさというのを感じていました。

こうして連絡をとってもらって、
会う時間をプレゼントしてもらって、とても嬉しかったです。

こどもと遊ぶ

「あんまり深く考えず、子どももいるし、一緒にあそぼう。」
と言われていたので、ずーっと子どもと遊んでました。

なんというか、子どもと遊ぶのはとっても楽しかったし、癒されました。
ただ、子どもに対してなるべくオーバーリアクションしなければいけないと思っているのか、約3時間遊んだら、身体が疲れてしまい、ヘロヘロ〜ってなってしまいました。

2時間ぐらいからチョット疲れが・・・。

以前は、1日遊んで疲れる程度なんだけどなぁ。
まぁ、しょうがないですよね。

先輩には、最後の方にいろいろ体調のことを聞いてもらって、
やっぱり、身体が緊張してしまって、そういうのでも疲れたのかも。

でも、そういうのなるべく出さないようにして、バイバイしてきました。


どっと疲れが・・・

車に乗った後、疲れがどっと出て、しばらく目をつぶって休みました。

そうすると、あれ、手がしびれてる。なんだこれ〜。

始めての体験です。なんなんでしょうか。

まぁ、しばらくすると落ち着いて、運転できましたが。むむむ。

イマの自分にとっては2時間ぐらいがベストなのかも〜って思いました。

無理せず、無理せず。です。

こうして、外界へ行くことで、
自分のイマの状態を知れて、ありがたい限りです。


どうでもいいですが・・・

先輩に、「あ、流行りの白の靴だね〜」って言われた。

え、そうなんだー!ってはじめて知る。そうなんですね〜。

白い靴は大学時代からの憧れでした。






お読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援してくださる方、クリックおねがいします♬

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

コメント

このブログの人気の投稿

上司の機嫌が悪いときの対処法〜自分をたいせつにする方法〜

うつ経験者の繁忙期の乗り越え方

仕事を辞める決断をしたときのハナシ<過去記事更新>