3月から復職リハビリと言われたけど、今は無理かも。

先日、上司との面談がありました。

とても理解のある上司です。

会社としても、4月からのことを考えなければいけない時期。

4月から復職(フルでなくても)を目指してほしいと言われました。

そのため、3月からリハビリ期間として、週に2度程度会社に来れるかと言われました。

3月から復帰するには、2月ぐらいから、会社の近くにあるコーヒーショップでゆっくりするのも良いと言われました。

自分の気持ち

もちろんうつ病ナリタテの頃よりはうんと良くなりました。

ですが、生活リズムが全然整っていないし、職場へ行くと情緒不安定になってしまうことがネックとなっています。

特に、気持ちの面でブレーキがかかっています。
「職場の方々や働いていた時に関わった方々には顔向けできない…」という気持ちが強く、そういう人と会うと、号泣してしまい、次の日から頭痛、発熱が起こってしまいます。

しかも、今回、上司に仕事の話を切り出された瞬間、
ぶわーーーと不安感が強くなり、涙を止められませんでした。
(普段、人前でなくなんて・・・ありえない!のに・・・。)

そんな自分を見て「あぁ、まだ無理なんだなぁ。」と実感。


白黒つけないで

今まではこんな自分を見て
「まだ無理な私は、なんてダメな人間だろう」と思っていました。

でも、カウンセラーに「すぐに白黒付けない。まだ無理な自分でもいいのよ。」と言われたことを思い出しました。

あなたの口癖は「ダメだ」ですよ。と言われたことも。

それから「ダメだ」と口に出すのをやめています。
それだけで、過激な落ち込み(自殺願望)へつながることは少なくなりました。


仕事のことを考えてしまう

さて、そんなこんなで、
昨日も今日も、ずっと考えないようにしていた「仕事」について考えています。

努力して勉強してきた。
必死に考えて決断してきた。
周りのサポートが数え切れないほどあった。
チャンスはもう二度とやってこないかもしれない。


そんなことを思うと、せっかく与えられた職を「手放す」ということを考えることはとても心苦しい。あぁ、こういう時に断腸の思いとか使うんだ。

応援して励ましてくれた家族や仲間、先輩、後輩たちにどんな顔を見せたらいいんだろう・・・。

自分の身体は職場へ行くと拒否反応を起こす。

わざわざ身体が拒否するところで働く意味って本当にあるの・・・

うー・・・、働けたら、働きたいよ!

そんなことを思いながら、ネットで検索するとこんなサイトをみつけた。
参考URL*精神障害者向けの求人


つまり「うつ病」ってことをオープンにして復職をするというヤツ。


NOと言える関係

http://lifehacknote.net/renai/muri/
上司には最後に「NOと言える関係が真の関係ですから。あなたが復帰してくれることを私たちは期待しているけれど、その期待に応えたいという想いだけで復帰するのはやめた方がいいですよ。」と言ってくれた。

この「NOと言える関係が真の関係です」という言葉は、上司の口癖だ。

だから、私は、調子が悪くなった時も上司に言えた。

今も、この上司になら会えると思って、会っている。

ゆっくり考えよう

とりあえず、今日の朝、色々考えて思ったことは、「ゆっくりと考える」ってことです。

白か黒 良いか悪いか できるかできないか 0か100か

これで考える癖のついてる私は、すぐに決断しなきゃいけないって思いました。

でも、リミットまで約1ヶ月半あります。

去年11月末の私は、どんな人にも会えませんでしたが、今は少しずつ人に会えるようになりました。

その時の私は、自発的に行動できませんでしたが、今は少しずつ動けるようになりました。

その時の私は、ほぼ毎日、「死」について考えていましたが、今はほとんど考えなくなりました。

「1ヶ月半」はあっという間かもしれませんが、変化はきっとある。


そう信じて、元の職場に戻るか、それとも違う道に進むか、ゆっくり考えようと思います。

そう考えることができるのも、
母や親友がいつも「どんな道に進んでもいい」って受け止めてくれるからだと思います。

そういう人が周りにいてくれて、本当によかった。





お読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援してくださる方、クリックおねがいします♬
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

このブログの人気の投稿

上司の機嫌が悪いときの対処法〜自分をたいせつにする方法〜

うつ経験者の繁忙期の乗り越え方

仕事を辞める決断をしたときのハナシ<過去記事更新>