最もオススメするブロガーさんに引用していただきました


うつ病ブロガーの中でも、
最も参考にさせていただいてきたブロガーさんがいます。


ナミうつブログ

とても素晴らしいブログですので、ぜひ行ってみてください。
→ ナミうつブログ


いま、初めて気づいたのですが、
ナミうつ・・・ とは 波打つ とかけているのでしょうか。

違ったらすみませんが、とてもユニークですよね。

デザインも内容も素晴らしい

久しぶりに覗いてみると、
より秀逸なデザインになっていて「さすが」の一言です。

ナミさんも元々、いちうつ病患者で、その時のご経験を生かされて、かなりわかりやすく、丁寧に、綿密に、悩みに答えてくださっています。

デザインも秀逸ですが、内容も秀逸ですよ。

うわー、これ思ってた〜!悩んでた〜〜!!ってことをピックアップして下さっているし、その悩みに対する答えも、論理的で分かりやすいんです。

http://sukkiri-blog.com/category/message
たとえば・・・
人生疲れた?つらい毎日から抜け出し、穏やかな明日を迎える方法
うつ病患者のための退職手続きガイド ~心の負担を軽くするために~
安心してうつ病治療に専念するための休職手続きガイド
うつ病からの復職準備ガイド~職場復帰の不安を乗り越えるために~
これだけでOK!うつ病でやる気が出ないときの対処法

などなど

かなり内容も豊富で幅が広いです。

その尊敬するナミさんに紹介していただきました

ずいぶん前の話になりますが、↓こちらの記事です。
頑張ってるのに治らない?!つらく苦しいうつ病急性期を乗り切る秘訣

とても嬉しい文章だったのですが、
少しだけ自己紹介にもなると思うので引用させていただきたいと思います。

著者は、うつ病で休職中のImaIkuさん。うつ病を抱える者にとって共感できる言葉がたくさん詰まったブログです。

うつ病が治らない理由として・・・
仕事をしていない自分は無価値で、役に立たない人間だと思い込んだ。
だから、少しでも自分が価値ある人間になるために、うつ病ながらも無理に頑張った。
診察も「絶対に治るために何でもいいから小さなヒントを得るぞ」と意気込んだ。
症状をまとめ、質問も書き出し、医者にはなるべく整えて話した。

でも、そのように“頑張れば、頑張るほど”症状は悪くなっていった。
URL:多分、前の性格を捨てた時に私は回復期に入った。〜5回目の心療内科〜

このわたしの言葉に対してナミさんの一言
うつ病を治すため、私に必要だったのは、「頑張らないこと」を頑張ること。
しかし、それがなかなか難しい。
そうなんですよね。
うつ病の治療法のひとつ「頑張らないこと」

これって本当に難しいです。


ナミさんの最後のまとめ

この文章を読んで、うぅ・・・と泣けてきました。
うつ病になった今、これまでの頑張りすぎの性格は手放す必要があります。ここまで培ってきた考え方を全部引っぺがす!ぐらいの勢いでいいのかもしれません。
でも、そう言いながらも、その性格をすべて捨てる必要はないとも思います。そこには肯定すべき「あなたらしさ」もあるはずだから。
つまづいてしまったのは、ちょっと不器用だっただけ。まだ波乗りが下手っぴだっただけ。決して悪いことじゃない。
私がImaIkuさんのブログに好感を持ったのも、そういう元々の性格を感じ取ることができたからだと思います。

この言葉にとても背中を押されました。
わたしのいまのブログテーマ「わたしがわたしらしくあるために」
これで、いいんだって、思えたんです。

おわりに

病気になったことも
仕事に行けないことも
人と会うことができないことも

なんのやる気を起きてこないことも
毎日ただ天井を見つめているだけでも

生きているってだけで素晴らしいんです。

いままでの自分の性格が考え方が、
わたしをいまの状態にしてしまったかもしれない。

だけど、そんなわたしのことも、今日ぐらいは、ゆるしてあげよう。

不器用でも、下手くそでも、ちゃんと良いところも与えられてる。

大丈夫、大丈夫、大丈夫なんだよ。

いまのわたしだから見える世界がある。

いまのわたしだから味わえる味がある。

いまのわたしだから届く人がいる。

だから、絶望しすぎることなく、いまを生きよう。



今日もすこしずつ。


お読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援してくださる方、クリックおねがいします♬

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村


コメント

  1. imaikuさん、こんにちは。
    ナミさんのブログはimaikuさんのブログとともに読ませていただいるとても好きなブログです。なので今日の記事をみて思わず『おおっ』となりました(笑)
    急性期の頃は私も不安と焦りの中で、なんとかしなければと頑張ろうとしていた自分がいました。仕事や会社のこと、先のこと、どうしても考えてしまっていました。
    先月、そういう状況を主治医に伝えたら『仕事のことは一切考えないように! 良くならないよ。』といつもと違い少し厳しく言われました。そう言われた私も休ませてもらっているのだし確かにそうだと思い『仕事を一切考えないように』することを頑張ろうと思いました。私とってはこれが『頑張らないことを頑張る』でした。 
    そして今、どうにか日々を前向きにすこしづつ考えられるようになってきました。先日の主治医の診察でも『焦りが消えてきたね』と言われました。
    これまでの自分は物事を損得や、やる意味があるかないかなど、頭で考える生き方でした。
    これからはもっと自分の気持ち(心)通りに生きようと思います。そしてimaikuさんのように私らしくいようと思います。誰よりも私と一緒にいる自分が自分自身のことを大切にしてあげようとimaikuさんのブログから学びました。
    imaikuさんとナミさんのブログは私のビタミン剤です。
    たくさんのビタミンをありがとう。

    返信削除
    返信
    1. そらさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      そらさん、ご存知でしたか(^^)
      ナミさんのブログはとても分かりやすくて、親切ですよね。
      「そういう時あるー!」の共感の後、どのように心を持ち直していけば良いのか、とても丁寧に教えてくださっているところ、とても好きです。

      「仕事のことは一切考えないように」、実はわたしも言われました。
      そして、そらさんと似ているかもしれませんが、すこしずつそれに取り組む中で、焦りが薄れていきました。

      薄れていく、というのは今も続いています。
      つまり、完全に「焦り」は消えないもの。
      そして、消えなくても別に大丈夫なのだな〜と今は感じています。

      弱い自分、自分を責める自分、焦ってしまう自分、どれもこれも、できれば消えて欲しい存在なのですが、そういう自分も含めて「いてもいいんだよ」と言えることを目指していきたいなぁと思います。

      「誰よりもわたしと一緒にいる自分」そのわたしがわたしを大切にすること。
      一緒に取り組んでいけたら、とても嬉しいです。

      今日もぼちぼち。

      削除
  2. imaikuさん、こんばんは。
    前回のお返事を何度も読み返し、ポロポロ泣いてしまいました。
    ありがとうございます。
    ナミさんのブログも少しですが拝読してきました。優しいブログでさっそくお気に入りになりました(´∀`*)

    先日、診察日だったのですが医師に「まだ自分で自分を縛っているところがありますね」と言われてしまいました。

    自分では以前よりずいぶん自分を受け入れてるつもりでした。
    医師のアドバイスやimaikuさんのこれまでのブログ記事からもヒントを得て、自分なりに「まあいいか」とか「こんな自分も今は仕方ない」と思うようにしていたんです。
    …でも、それはどこか「まあいいか」と思わ「なければいけない」という感じだったのかもしれません。
    先生もimaikuさんも自分を受け入れることで変われると言っているのだから、早速受け入れなければ!といった感じでしょうか。
    その一方で私は何をやっているのだろう…、こんなに長く診察を受けているのにまだ立ち直れない、人としての生活すらきちんと出来ていないじゃないかと自己嫌悪に陥っていました。
    自分で自分に無理矢理嘘をついている、そんな感じです。

    医師によると今の私は思考のベクトルが外側から自分へ向かっていたみたいです。
    周りの言葉や態度に影響されまくっているってことですよね。
    「自分から外側に向けば、これまでよりパワーアップして生きやすくなると思いますし、そこまで持っていきたいです」と言ってもらいました。

    言われていることは頭ではわかるんです。
    でもわかればわかるほど、それじゃあこう「しなければ」という思考になってしまい、こう「したい」から掛け離れてしまいます。

    imaikuさんは過去の自分を手放すとき、こんなときどうしましたか?
    (…頑張らないことを頑張り過ぎちゃうってやつですよね。笑)
    心から「いまはこれでいい」と思えるようになりたいです。
    どう切り替えていくのかすごく難しい、というか、怖いと思ってしまいます。

    長文になってしまい、失礼しました。

    返信削除
    返信
    1. みーちゃんさん
      こんばんは。コメントありがとうございます。

      とてもパーソナルなお話を聞かせてくださってありがとうございます。

      うつ病があまりにも辛いから、少しでも楽になる方法を見つけることにも、取り組むことにも、とてもとても必至になりますよね。
      「ウツの人はなまけてる」だなんて、「おいおい、それはないよ」と今は思います。

      とても頑張ってるし、とても必死なのに、うまくいかない。
      それで、またも疲弊してしまうという負の連鎖。

      そんな状況の中、言葉を綴ってくださって本当にありがとうございます。

      「自分で自分に無理矢理嘘をついている」というのは、本当は「わたしはこんなにもできない」と思っているのに、無理に「まあいいか」と思い込もうとしているという感じでしょうか?

      過去の自分を手放すこと、とても難しいです。

      「こうしなければ」を「こうしたい」へ変えていくことは至難です。

      参考になるかわかりませんし、これが正解と思わないでいただきたいのですが、わたしのお話をさせていただくとすると、「こころに自然と湧き上がってくるまで待つ」ということです。

      このことは、またいつかブログでお話させていたただこうと思います。

      何度も言ってしまい申し訳ありませんが、わたしの答えが100点ではありません。きっと、そらさんにはそらさんにぴったりの方法があって、それと出会えることを祈っています。

      どうぞ、ご無理なさらず、ゆっくりと生きてください。

      削除
    2. imaikuさん、こんばんは。お返事いただきありがとうございます。

      ひとつ…最後の文章は私宛てでよろしいでしょうか?揚げ足取りのつもりではなく、「そらさん」宛てのメッセージなら、是非そらさんへ届けられますようにと思い確認です…

      「こころに自然と湧き上がってくるのを待つ」という経験をお聞かせいただきありがとうございます。
      上段のコメントをした時、実は自分の中で挑戦する直前で緊張と不安で気分の浮き沈みが激しい時でした。
      すぐに焦燥感を払拭したくて、すがるような内容になってしまい反省しています。
      今はそのストレスから少し離れたためだいぶ落ち着きました(○´`○)
      以前は普通に出来たことが上手くできない。日を重ねるごとにそのことが悔しく、情けなくなってきました。
      このままだとヤバイ。
      多分私はそんな焦燥感を持っていました。おそらく今でも。
      それを「いまはこれでいいや」という言葉だけで覆って、隠してしまって、自分を受け入れているふりをしていたのかもしれません。
      ヤバイと思っていることを知りつつ、これでいいんだと、見て見ぬふりをしている感じでしょうか。
      聞いたことを無理やりねじ込んでも仕方ないのに…笑
      私は私の心の声を聞かなくてはいけないんですよね。
      焦りすぎ…なのかもしれないですね。
      ゆっくり時期を待つ…結構苦手です。
      それでも焦っている私のことを誤魔化さないで私自身が支えてあげる。
      そうすることが当面の課題になりそうです。
      ほら、imaikuさんの文章を読むとヒントが見つかるんです。笑
      もしかしたらimaikuさんはすでにそれらを伝えられてきたのかもしれませんね。それを読む側が自分の言葉で受けとってヒントになっていくんだと思います。
      ぜひ「こころに自然と湧き上がってくるのを待つ」経験の詳細記事をお待ちしています。

      削除
    3. みーちゃんさん
      大変失礼なことをしてしまったこと、本当にごめんなさい。
      そして、言いづらいことを伝えてくださって、ありがとうございます。

      「何度も言ってしまい申し訳ありませんが、わたしの答えが100点ではありません。きっと、みーちゃんさんにはみーちゃんさんにぴったりの方法があって、それと出会えることを祈っています。」

      これはみーちゃんさんに伝えたかった言葉でした。
      そらさんに対しても失礼なことでありました。
      この場をお借りして、お詫び申し上げます。

      どうぞ、お許しくださればと思います。


      心がとても騒いだりする時は、この心ちゃんとおさまってくれるのかな?と不安になったりしますが、いま、すこしずつみーちゃんさんの心が落ち着いてきたと聞いて、なんだかわたしもほっとしました。

      今までできたことができなること、本当に悔しいですし、情けないですよね。
      こんな自分を「いまのわたし」と受け入れていくことが、どんだけ難しいことなのか・・・。

      そういう時は、「なんでこんなこともできないの」と自分で自分を傷つけてしまいがちですよね。それで負のサイクルにはまっていくような感じ。

      自分を優しく包み込めなくても、自分の心に湧き上がってくる感情を「いてもいいよ」と言えたら、すこしずつ楽になっていくのかもしれませんね。

      「あぁ、わたし焦ってるんだな〜」「あぁ、わたし悔しがってるだな〜」と弱い自分も、いてもいいよと。

      おそらく自分に優しくすることに違和感を感じられるかもしれません。

      すこしずつ、すこしずつ、で良いと思うのです。

      わたしも時々「なんであんなことしちゃったんだろう」と自分を恥ずかしく思うことがあります。

      そのたびに、ここに戻ってくるような歩み方です。

      はい、詳細記事書ける時に書きたいと思います。

      削除
  3. ImaIkuさん、お久しぶりです。

    ブログを紹介してくださり、ありがとうございます。ここ数日、ImaIkuさんのブログからのアクセスが急増していて、「?」と思ってこちらにお邪魔しましたら、驚愕の内容!

    ふんがー! となりました。めちゃくちゃ嬉しいです。ドキドキしながら何度も読みました。私の方こそ、ImaIkuさんに紹介していただけて光栄です。

    ImaIkuさんの優しさは、本文やコメント欄でのやり取りから伝わってきます。そしてまたコメントを寄せる読者さんも皆優しいという。なんて素晴らしい場所でしょう。(この場を借りて、そらさん、みーちゃんさん、ありがとうございます!)

    さらに、ImaIkuさんの言葉には強さとあたたかさを感じます。ご自身の経験を語ることによって、読んでいる私に気づかせてくれる。そんな誠実な姿勢はカッコ良くて眩しくて憧れます。そんでもって美的センスも。ImaIkuネーム入りの写真、どれもお洒落な雰囲気で好きです。

    と、思いの丈を書き綴ったら長くなってしまいました。改めて、ありがとうございました。これからも一ファンとして陰ながら応援しています。

    追伸1:私の文章に間違いがありました。「著者」じゃなくて「筆者」ですね。元記事、訂正しておきます。
    追伸2:お察しの通り、新タイトルは波打つ思考のナミさんがうつについて書くブログです。さすがImaIkuさん!

    返信削除
    返信
    1. わわわーナミさん!!
      コメントに嬉しながらも少し戸惑っています笑
      それぐらい、とても嬉しいことです(>_<)!

      改めまして、ナミさん、コメントありがとうございます。
      また、いつも素敵な記事をありがとございます。

      おっしゃるとおりで、ブログを始める中で「コメントが怖いな〜」と思っていたのですが、真逆・・・。
      ブログに来てくださる皆様のコメントを読み、コミュニケーションをとる中で、自分の中でも癒される実感があり、とても感謝しています。

      こんなにも身に余るお言葉をたくさんいただきまして光栄です。
      本当にありがとうございます。

      ナミさんのブログがもっと世の中に広がって、うつ病の方々やうつ病の方を見守る方々の助けになればと心底願っています。

      削除
  4. こんばんは。佐藤です。
    先日は私の感情を一方的に押し付けてしまい、申し訳ございませんでした。
    ですがImaikuさんのおかげで病院へ診察に行く決心がつきました。
    実は起立失調でお世話になっている先生から病院の紹介のお話が母にあったようで、母からすればようやく、といった思いがあったのかもしれません。
    色々と縁があったようで、すぐに診察して頂ける事になり、丁度一ヶ月程前に行ってきました。
    結果としては、「うつ病」でした。
    今でも信じられません。ですが薬物治療になることとなり、「アナフラニール」の方を処方して頂きました。
    自分でも今どんな状況なのかよくわかりません。ですが、Imaikuさんがおっしゃったように、インターネットや他の方の情報だけで決めるのは危ない、ということは理解できました。
    病院の先生とはまだ一回しかお会いしておりませんが、いまいち信用できない点を私は感じております。ですが、インターネットの情報だけで決めることが危ないという事が分かっていると同時に、Imaikuさんのおっしゃっておられた事は私にとっての良い事だと言うことも分かっています。
    Imaikuさんがブログに遺して頂いていた言葉の一つひとつを噛みしめてこれから頑張っていこうと思います。
    そろそろ二回目の診察があります。先生の事はまだ信用できませんが、まだそれが当たり前だと思っています。先生は私の為に薬を処方してくれた。いつの日かその思いに答えられたらなと思っております。
    今回も話が長文でぐちゃぐちゃですね。すみません。

    実は私も写真を撮ることが好きで、どんな写真を撮ろうか試行錯誤しております。
    Imaikuさんと写真の話で盛り上がれたらな、と思う今日この頃です。

    返信削除
    返信
    1. 佐藤さん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      まず、一言お伝えしたいことが、「よく、病院に行かれましたね」ということです。上から聞こえてしまったら申し訳ありません。。

      病院にいくこと、先生に話をすること、先生から話を聞くこと。
      これって、当事者でしか感じられない恐れとか不安がありますよね。

      そういう色々な思いを抱えながら、足を運ばれたこと、話をすることができたこと、とてもすごいなぁと思います。

      本当に、お疲れさまでした。

      病院の先生は「起立性失調症」の専門でもある方なのでしょうか?
      1度しか会っていない方をすぐに信頼することができないこと、「そりゃぁ、そうだよな」と思います。
      無理に信頼するのではなく、すこしずつ、佐藤さんが先生を頼って行けれるといいなと思います。

      もし、インターネットの情報で「心配だな」と感じたことや、自分の体や心に起きることで「なんだろう?」と思うことなどがあれば、先生に正直にご相談されることをおすすめします。

      自分のために時間を使って、治療してくれている先生に応えたいと思われる気持ちとても分かります。
      ただ「先生の思いに応える」ことがゴールではないですよ!
      先生は利用してやるぞーぐらいのがいいのかもしれません笑

      なんにせよ、今は、ゆっくりと休みつつの時期なのかもしれませんね。
      どうぞ、ご無理なさらずです!

      写真がお好きですか(^^)
      どんな写真をとるのがお好きでしょうか?

      削除
  5. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除
  6. マイクさん、初めまして☆
    ともみと申します。
    年は32歳です。
    いつもブログにお邪魔しています。
    あったかい言葉に私も励まされています。

    今日は、診療内科に行ってきて、
    改めて、今まで先のことばかり、周りのことばかりみて、全然自分を大切にできてなかったって
    思い知らされた日でした。

    どうしたら大切にできるのか、難しいですね。
    少しずつ少しずつ、向き合いたいです。

    ひとと接するのがとても怖くて
    また攻撃されるんじゃないかとか
    びくびくしてしてしまいます。
    昔の経験からこうなってしまいました。

    実際はそんなことないんですけど、、、

    イマイクさんはそんなこと、今はありますか?

    今、少しずつお仕事してます。
    穏やかな方が多く、働きやすいのですが、
    やっぱり時々怖くなって
    逃げちゃったりしています。

    安心できるくらい落ち着けばいいなあと思っています。

    返信削除
    返信
    1. ともみさん
      はじめまして!
      (上の投稿は同じ内容でしたので、削除させていただきました)

      いつもお読みくださり、今回はこうしてメッセージを書いてくださって本当に嬉しく思います。ありがとうございます。

      ともみさん、以前に人間関係でお辛い思いをされたのでしょうか。
      心療内科に通いつつ、今はお仕事をされているのですね。

      わたしも良い職場に恵まれていると思いますが、すこし上司が苦手です。
      機嫌が良い時は普通なのですが、機嫌が悪いと言葉がきついし、目も合わせてくれません。攻撃してくるわけではありませんが、そこに「冷たさ」を感じてしまい、とても疲れてしまうことがあります。

      実は、今日は、それが辛くてお仕事を休んじゃいました。
      体調もあまりよくなかったのですが、頑張れば行けるという状態。
      でも、あの上司にこの体調で会うのは「無理かも」と思い、はじめてサボりました。笑

      そういうこと、いまでもあります。

      無理せず、自分を守りながら、生きている日々です。

      たまに逃げるくらい、ゆるされていいんだろうな〜って。笑

      削除

コメントを投稿

コメントありがとうございます。

このブログの人気の投稿

うつ経験者の繁忙期の乗り越え方

定年退職した父親と27歳無職のわたしの生活ー距離感が与えてくれるものー

結婚式に行ってきた。燃え尽き症候群になった。