薬物療法ができなくなって、病院を変えたときの話。


副作用が出た理由

そういえば、以前のブログでは、はじめてのカウンセリングについて書いていませんでした。約1年半前のはなしですが、振りかえって書き残しておこうと思います。

薬物療法にチャレンジはしたものの、
めまいや吐き気の副作用がひどく出てしまい、急遽、薬物療法をやめることになりました。
参考URL:抗うつ薬サインバルタの悲劇。

当時の医師は、別の薬を試してみるかと聞いてくれましたが、薬に対してひどく恐れをもってしまっていたため、自分から「薬を使わない治療法があるなら、それを試したい」と言いました。

約1年半たって思うのは、あの時の副作用は自分のこころが引き起こしている部分もあったと思います。

というのも、まず、休職しはじめて1週間ほどは寝たきり。
それを超えると、からだが元気になってきて、インターネットをはじめました。
調べることは、もちろん「うつ病」のこと。

上司には「薬はただしく飲むこと」と念を押されたから、余計に「薬」について気になったのか、薬物療法について調べていくうちに、悪い 情報(不確かな)も目に入れることになりました。

サインバルタという薬を渡された日の晩も、すぐにサインバルタの副作用について調べた覚えがあります。

そこで出てきた副作用の種類に「めまい」はなかったように思いますが、
そのように自分で不安感を膨らませ、頭の中は不安一色だったように思います。

そのような心の状態が、身体に症状を引き起こしたとも考えられると思うわけです。



医師の判断

医師は、この地域で臨床心理士がいる病院を紹介してくださり、その週の間に新しい病院にうつりました。

新しい病院へ足を運ぶ ときもとても勇気がいりました。
この時も母が付き添ってくれました。

この病院の良いと感じたところは、誰とも目が合わないような作りになっているところです。なんか、カフェっぽい雰囲気というか。

さて、新しい病院の医師も「薬物療法」をすすめてくれました。
ですが、「薬はちょっと怖い」と伝えると、漢方もあると教えてくれました。

迷っていると・・・医師にはこう言われました。

「どうしても必要であれば強制的に飲んでもらうけれど、君は休める環境があるし、そこまでひどくない。自然治癒を目指して、ゆっくりと時間をかけて治していきましょう。どうしても必要になってきたら、また伝えます。自然に治していくために大切なことは「焦らない」ということですよ。」


そんなふうに言われたような覚えがあります。

この時の医師の判断には、本当に感謝しています。



はじめてのカウンセリング
さて、臨床心理士による約50分のカウンセリング第一回目は、木の絵を書かされました。
木の絵なんて、書き慣れていて、これで判断されるのかよって思いましたが、そのまま思うがままに書くように言われたので、
こんな感じの絵を描きました。



まったく期待していなかったこの「木の絵」カウンセリングで、まさか泣くとは思ってもいませんでした・・・。

これを書いた後、このように聞かれました。

「この木はどんなふうに感じているかな?」

  ー わかりません。

  沈黙

  ー ただ、質問の答えとは違いますが、この木みたいだったらいいなと思いました。

  この言葉を言ったとき、なぜか涙が溢れてきたのです。

「悲しくなってきたのかな?」

  ー この木みたいだったらいいなって・・・泣

「どうしてそう思うの?」

  ー この木のまわりには誰もいない。
    この木はのびのびと広い雄大な草原の中に、ただ一本、天に向かって伸びている。
    誰からも注目されず、誰の目も気にせず、ただのんびりとゆったりと生きている。
    すごく、いいなって思うんです。

「この木はさみしくないのかな?」

  ー さみしくないと思います。
          自分はここで生きるのだと心に決めてしっかりと根ざして生きている。
    わたしは、いつも迷っていて、いつも誰かの目を気にして、
    本当にここに立っていてていいのかわからなくて苦しい。
    ここで生きていていいのかわからなくて、苦しい。
    だから、この木のように、わたしは生きたい。


そんなふうな会話をしたような覚えがあって、
この木の絵を通して、その時のわたしは「苦しみの意味」を少しだけ紐解かれたような気がして、すこしスッキリしたおぼえがありました。



おわりに


この時のカウンセリングは今でも忘れることができない、大切な経験です。

「この木のように生きていきたい。」

その願いが、このブログを作った時の名前「ImaIku」にもつながっていると思うし、サブタイトルの「わたしがわたしらしくあるために」にも活きてきていると思います。

ブレブレな人生だったわたし。

すこしずつ、すこしずつ、わたしが育っていく。

そんな生き方のはじまりだったように思います。




今日も、すこしずつ。




お読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援してくださる方、クリックおねがいします♬

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

コメント

  1. ブログ移行されたのですね!
    こちらでも変わらずImaさんの近況をみていきますね^^
    またよろしくお願い致します♪

    返信削除
  2. Ayapamさん
    いつもありがとうございます。コメントも感謝です!
    また、覗きに来てください♪
    わたしも遊びに行きますね!

    返信削除

コメントを投稿

コメントありがとうございます。

このブログの人気の投稿

上司の機嫌が悪いときの対処法〜自分をたいせつにする方法〜

うつ経験者の繁忙期の乗り越え方

仕事を辞める決断をしたときのハナシ<過去記事更新>